Raspberry Piでブログを公開する 9日目 VPN経由で自宅サーバーに接続してみる


Pocket

Raspberry Piでブログを公開する 9日目です。今回はVPN経由で自宅サーバー(Raspberry Pi)に接続してみます。

前回の最後で自宅サーバー(Raspberry Pi)に接続する際にスマホのWi-Fiを切ってから接続していたのですが、毎回そんなことをするのは面倒ですよね。

スマホのWi-Fiを切ったら接続できる、ということから一旦自宅内のLANからインターネットに出たうえで接続すればOKなはずと予測できますね。

で、「一旦自宅内のLANからインターネットに出たうえで接続する」を実現するためにはVPNを使います。VPNは仮想的な専用回線を用いて安全に通信をする技術ですが、この技術を使うと一回中継サーバーを通ることになるので必然的に一旦インターネットに出ていくことになります。

VPNを使えば一旦インターネットに出れるということで、その方法を紹介していきます。
VPNを使うにはいくつか方法があるのですが、一番簡単な方法はVPNの設定が不要なブラウザを使用する方法です。今回は一旦そちらの方法を紹介しますが、中継サーバーが世界各国にあり「安全に通信」できているか不明(むしろ通信を盗聴されているかもしれない)のであまりおすすめできません。

今回は何も考えずに使えるブラウザを紹介しますが、記事の終わりに大学が主催しているVPNの学術研究プロジェクトのツールのリンクを記載しておきますのでそちらの利用も検討してください。

1.Torブラウザをインストールする

Torブラウザというブラウザを使うと、世界各地の中継サーバーを経由することができます。もともとは様々なサーバーを経由することで接続元を特定できないようにし、通信の秘密を担保することが目的のようです。

で、Torブラウザをダウンロードするには以下サイトに接続し、[DOWNLOAD]からインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして起動します。

インストーラーが起動すると使用言語を聞かれるので[Japanese]を選択して、[OK]をクリックします。

インストール先フォルダの選択画面が表示されるので必要に応じて変更し、[インストール]ボタンをクリックし、しばらく待ちます。

しばらくするとインストールが終わるので、[完了]ボタンをクリックします。

Torブラウザが立ち上がりますので、[接続]ボタンをクリックし、しばらく待ちます。

しばらく待つとブラウザが表示されます。もともと中身はFireFoxなので、操作などはFireFoxに似ていると思います。

で、Torブラウザのアドレスバーに以下のURLを入力してEnterキーを押してみましょう。無線LANに接続されているPCでも自宅サーバー(Raspberry Pi上のWordPress)に接続できるはずです。

表示できました!このTorブラウザを使えば自宅のLAN内からでもモバイルWi-FiのWAN側のIPアドレス(グローバルIPアドレス)でRaspberry Piに接続できます!

2.もうひとつの方法

冒頭に書いた通り、Torブラウザはセキュリティ的に不安が残るので、より信頼のおける、つくば大学が主催しているVPNの学術研究プロジェクトのVPNツールの使用をおすすめします。

以下にプロジェクトのページとダウンロードページ・インストール方法の説明ページを記載しておきますので、参考にしてみてください。Torブラウザに比べるとネット閲覧に少し手間がかかりますがほぼ同じで、ブラウザもいつも使っているものを使えるのでお勧めです。

今日はここまで。次回はダイナミックDNSの登録をします。

これ1冊でできる! ラズベリー・パイ 超入門 改訂第4版 Raspberry Pi 1+/2/3/Zero/Zero W対応 ★★★★

Raspberry Piの初期設定からWebサーバーとして公開するまでわかりやすく解説されている本です。こちらの本とネットの情報でRaspberry Pi・WordPressの設定を進めました。

Raspberry Pi3 コンプリートスターターキット (Standard 16G) ★★★★★

私が買ったスターターキットとは異なりますが、基本的な内容は同じなのでこちらを購入すればすぐにRaspberry Piを始められます。近所にRaspberry Piが売っていない方や、買いに行く時間が無い方はぜひ。

執筆時間:2h30m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です